一斉指導の塾

一斉指導の塾は、規模が大きく、運営しているのは大手と言われるところが多いかもしれません。ここでは、一斉指導の塾で学ぶメリットとデメリット、そして向いているタイプについて説明していきます。一斉指導の塾を選ぶ場合には、参考にして下さいね。

一斉指導の塾で学ぶメリット

目標を達成したいとき、計画を立てながら行うときがあります。受験であれば合格になるでしょうが、試験当日に力が発揮できる状態に持って行く必要があります。既に一定の学力があるなら、試験当日まで自分のペー…

一斉指導の塾で学ぶデメリット

一斉指導の塾では大勢の生徒に対して同じ内容の指導を行うため、個別対応力が低いのがデメリットです。全員のレベルを押し上げるという方針で指導を行うケースが多く、苦手な部分をフォローしてもらうのが難しい…

一斉指導が向いているタイプ

競争でやる気が出てくる子

勉強は自分のためにするのであって、周りがしているからするわけではありません。ただ子供のころはなかなか勉強の必要性が分かりにくいです。親としては自分のためでやっているのでなくても、とにかく勉強をしてくれるならとその子に合う環境を与えたいと思うでしょう。もし競争心が強い子なら一斉指導タイプの塾を選ぶと良いかもしれません。学校もそれなりに競争の環境がありますが、進学をメインにした一斉指導タイプはそれの上を行く競争があります。入塾に試験があり、学力ごとにクラス分けがされているところも多いです。テストのランクが常に壁に貼られていて、競争心の高い子は今よりも順位を上げようとどんどん勉強します。目的は周りに勝つため、順位の上位になるための時もありますが、実際に難関学校などに入ると自分のために勉強できるようになる子もいます。

自分の能力以上の勉強が可能

マイペースで指導を受けられるメリットがあるのが個別指導塾です。先生が主導で授業が進められるわけではなく生徒主導です。周りから遅れず、勉強したい子はどんどん先に進めます。ただ子供は自分の能力をまだわかっていない子もいて、自分の中で一定の制限を設けてしまうときがあります。個別指導塾だと自分のペースでの勉強になるので、能力があるのに伸ばし切れないときがあります。一斉指導塾は先生が主導で授業が行われます。そのため授業に必死で付いて行こうとする気持ちを持てる子が向いています。現段階において志望校に行く学力がない時、より必死に勉強しなければいけません。自分の実力以上の学校への進学を目指している子にも向いています。

個別指導の塾

個人経営の塾や規模がそれ程、大きくない塾では、個別指導をしていることが多いと言えます。ここでは、個別指導の塾で学ぶメリットとデメリットに加え、個別指導が向いているタイプについてもお伝えします。個別指導に興味がある場合には、参考にして下さい。

個別指導の塾で学ぶメリット

個別指導塾は、集中力を維持して勉強することが出来るメリットがあります。個別指導塾の場合は、生徒一人に先生が一人付く事になるのでマンツーマン指導になります。マンツーマン指導ですと、生徒は常に先生に見…

個別指導の塾で学ぶデメリット

個別指導塾を活用する上で懸案事項になってくるのがレッスン費用の高さになります。 教師1人に対しての生徒の数が多くない分だけ、授業料そのものが高い金額になる傾向が見られます。集団指導塾と照らし合わせ…

個別指導が向いているタイプ

定期テストの点数が普段20点から70点くらい、あるいは5段階評価の通知表で2から4を取るお子さんは、個別指導塾が向いています。この範囲の成績を取る子はつまずきが多かったり、または、ある程度の理解は…

学校の成績が上がる学習塾

学習塾は受験をターゲットにしたものだけではありません。期末や中間テストの対策として地域の学校に合った教育を行ってくれるサービスもあります。