集中力を維持して勉強できる

個別指導塾は、集中力を維持して勉強することが出来るメリットがあります。個別指導塾の場合は、生徒一人に先生が一人付く事になるのでマンツーマン指導になります。マンツーマン指導ですと、生徒は常に先生に見られながら勉強を進めることになるので、緊張感を持つことが出来て先生から教えられた事をしっかりと身に付けて学力を伸ばさないと注意されるという意識が働くのでさぼらずに勉強することが可能です。
集中して勉強することによって、短期間でも多くの事を身に付けられる可能性があり学力が向上しやすいです。集団塾や独学ではなかなか集中力が維持しないという人は、集中力を高めながら勉強することが出来る個別指導塾は合っています。

先生が生徒の学力を理解できる

個別指導塾の場合はマンツーマン指導で勉強を教えていく事になりますが、先生が生徒の学力を理解しながら勉強を教えることが出来ます。生徒の学力に合った勉強法を取り入れることが出来ますし、分からないままの状態を放置することもないので確実に学力が向上するメリットがあります。 集団塾の場合は、複数の生徒を相手に先生は授業を進めるので、一人の生徒だけに目を向けるのが難しくなります。つまり、生徒の中にはなかなか学力を向上出来ない人も現れるデメリットがあります。しかし、個別指導塾ではそのようなデメリットもなく授業を進めることが出来るので、生徒も自分の学力をうまく向上出来て、自分が目標としている学校に進学できる可能性が高くなります。

高校生の塾には、大学受験に向けた勉強をする塾と、定期テストで高得点を取り評定を上げるための塾と、大きく分けて2種類あります。用途に合わせた塾選びを心がけたいものですね。